【アミューズメント】よくあるご質問

アミューズメント向け機器に関するFAQ

機種共通のFAQページに戻る

よくあるご質問

  1. 【電源・起動】 トランシーバーの電源が入りません。
  2. 【会話】 ボタンを押していないのにインカムの会話グループが勝手に変わります。
  3. 【会話】 全員のインカムからブ~ンと言うハウリングが聞こえます。または、マイクONにしていないのに会話が出来てしまいます。
  4. 【会話】 プレストークボタンを押さずにハンズフリーで会話するにはどうすればよいですか?

周辺機器に関するご質問

  1. 【無音】停電後、事務所のスピーカーからだけ音が出なくなりました。スタッフ用インカムは使用できます。
  2. 【ノイズ】インカム全体に、ジージーッと酷い雑音やノイズが入ります。
  3. 【ノイズ】特定のインカムやコントロールマイクを使用した時だけ、バリバリという雑音やノイズが聞こえます。
  4. 【ノイズ】一部もしくは特定のエリアでインカム全体に、雑音やノイズが入ります。または電波の不調が見受けられます。

修理・備品補充に関するお問い合わせ

  1. 【備品】 備品を注文したいです。備品一覧表をWeb上で確認できますか。
  2. 【備品】 備品一覧表の『クリップ』の交換手順のマニュアルはありますか。
  3. インカムの技術トラブルに関して問い合わせしたい
  4. インカム用の子機やマイクの修理を依頼したい

機種共通のFAQページに戻る

WFDI-TC2 の基本的な操作方法を知りたい

▷ 液晶なし子機(TC2) 簡易取扱説明ページへ移動する

WFDI-TC2 操作可能ボタンの一覧

①電源ボタン
【ON】3秒の長押しで電源が入ります。
【OFF】3秒の長押しで電源が切れます。

②会話ボタン(トークスイッチ)
会話ボタンを押すと、会話ボタンを押している間だけコントロールマイクロフォンの会話ボタンを押さなくても会話ができます。
また、常時会話モードへの切換にも使用します。

③グループ1~グループ4
グループごとに分ける場合に使用します。デフォルト状態ではグループ1に属します。

④機能ボタン
グループの切換えをする場合に使用します。通常会話モードへの切換にも使用します。

⑤音量ボタン
受話音量の調整に使用します。

【電源】トランシーバーの電源が入りません。

電源ボタンを3秒以上、長押ししてください。
トランシーバー上面のLEDが赤く一度光って、消えることを確認してください。

上記の手順でも解決しない場合

電源ボタンを3秒以上長押ししてもトランシーバーが動作しません。また、電池も充電完了したものに入れ替えても動作しません。

トランシーバーが壊れている可能性があります。
裏面の蓋を外して、電池を取り出すと、シリアル番号があるので、この番号を製品ご購入時の販売店様にご連絡ください。

裏面の蓋の開け方
  1. 本体背面の裏蓋を矢印の方向にスライドし裏蓋を取り外します。
  2. リチウムイオンバッテリーの両脇を挟み手前に引き出します。
  3. 裏蓋を外したらバッテリー面を斜め下に向けて軽く振るとバッテリーが取り出せます。

背面フタ開封時の注意

バッテリー取り出し時に、本体とバッテリーの隙間をドライバー等でコジあける事は絶対に避けて下さい。
隙間が大きくなり正常に動作しなくなります。

【会話】ボタンを押していないのにインカムのグループが勝手に変わります。

業務中にインカム子機をポケットに入れたまま「座る・しゃがむ・壁に寄りかかる」などの動作をした場合、
機能ボタンとグループボタンが同時に押される場合があります。

その場合、意図せずグループが変更又はハンズフリーモードに切り替わります。

対処方法

機能ボタンを押していないのにグループが変わった時は下記の手順で解除してください。

解除方法【グループが勝手に変わった】: [機能]ボタンを押しながら[グループ1]ボタンを押してください。

【会話】全員のインカムからブ~ンと言うハウリングが聞こえます。または、マイクONにしていないのに会話が出来てしまいます。

業務中にインカム子機をポケットに入れたままにすると、意図せず機能ボタンとグループボタンが同時に押されてしまう場合があります。

機能ボタンを押しながら会話ボタンを押すと、常時通話状態になってしまいます。
そのまま放置すると1台だけ常時会話状態となり、ほかのスタッフのインカムに常時ブーーンという雑音が入ります。

対処方法

マイクの通話ボタンを押していないのに常時通話状態の時は、下記の手順で解除してください。

解除方法【常時通話状態の解除】: 機能ボタンを押しながら会話ボタンを押してください。

【会話】プレストークボタンを押さずにハンズフリーで会話するにはどうすればよいですか?

機能ボタンを押しながら子機の会話ボタンもしくはマイクの会話ボタンを押します。マイクでしゃべって、副音が耳に返ってくることが確認できたらハンズフリーで会話ができたことになります。

解除は、再度、機能+会話ボタンで行います。

TC3タイプ・TC2タイプ共通、もしくはインカム周辺機器などのトラブル

時々、トランシーバーのイヤフォーンから聞こえる音が小さくなったり、大きくなったりします。電波の問題ですか?

当製品はデジタル音声なので、電波に問題があった場合は音が途切れるか、聞こえないという状況になります。

音が大きくなったり小さくなる場合は、トランシーバー本体ではなくイヤフォンに不良が発生している可能性があります。製品ご購入時の販売店様に相談してください。

停電後、事務所のスピーカーからだけ音が出なくなりました。

停電(もしくは年次点検による電気断や各種配線ケーブルの抜き挿し)から復電後に、事務所のスピーカーからだけ音が出なくなった。
(通常のスタッフ用インカムは使用可能)

(対処1)パナソニック製白色電話機がある場合

グループ1をインカムで使用中の場合の設定手順

手順1)
数字“1”+決定ボタン → 右側の2のLEDが緑点灯
 スピーカーホン/ヘッドセットのLEDが赤点灯

 内部スピーカーから“グループ1(いち)が選択されました”と音声メッセージ

手順2)
右側の1のLEDボタンを押す → 1のLEDが赤点灯
 外部スピーカーからインカムの音声が出力される

注意

コンソールのLEDボタン3種類
白色電話機 右下の3箇所のランプ
  • SIPサーバーやアンテナ電源は切らないで下さい。
  • 数字の①と決定ボタンを押しても音声が出ない場合は、コンソール右下の3箇所のランプが点灯している事を確認してください。(点灯していない場合は手動で1のLEDボタンを押して点灯させてください。)
    ※ケーブルを抜き差しした場合は手動でボタンを押し、ランプを点灯させて下さい。

(対処2)TBE-SIOがある場合

TBE-SIO 背面から見て右端の「POWER DC5V」と書かれた電源ジャックを引き抜いた後、再び差し直します。

電源を引き抜いた状態

TBE-SIO 背面のACアダプター電源の抜き差しを行い、再起動を行ってください。

TBE-SIO

注意  SIPサーバーやアンテナ電源は切らないで下さい。

インカム全体に、ジージーッと酷い雑音やノイズが入ります。

(対処1)パナソニック製白色電話機がある場合

【 停電後、事務所のスピーカーからだけ音が出なくなりました 】 の(対処1) の項目を元に、対処手順を試してください。

(対処2)TBE-SIOがある場合

TBE-SIO

【 停電後、事務所のスピーカーからだけ音が出なくなりました 】 の(対処2)を参考に、別添のサーバーと音声入出力装置(TBE-SIO)の再起動を行なってください。

特定のインカムやコントロールマイクを使用した時だけ、バリバリという雑音やノイズが聞こえます。

コントロールマイクのジャック(接続部分の金属パーツ)をアルコールタオルなどで清掃したあと、乾いた布などで乾拭きしてください。

※ 特定のインカムだけではなく、全てのインカムに同じ症状が現れる場合は【一部もしくは特定のエリアでインカム全体に、雑音やノイズが入ります。】の手順で、アンテナの電源OFF→ON(再起動)をお試しください。

一部もしくは特定のエリアでインカム全体に、雑音やノイズが入ります。または電波の不調が見受けられます。

導入時期が2013-2016年までのお客様

通話用のアンテナ(天井設置)の電源OFF→ON(再起動)で改善する場合があります。
改善しない場合は最新の自動周波数変動タイプのアンテナと交換をお願いします。
※アンテナ再起動に関しては施工した販売代理店へお問い合わせ下さい。

導入時期が2016年以降のお客様

事務所または特定箇所にアンテナの再起動スイッチがある場合

【  アンテナ電源をOFF→ON  】

アンテナ再起動スイッチが設置されていない場合、販売店もしくは弊社までお問い合わせください。
納入時期やシステム機器構成、その他の理由によりアンテナ再起動スイッチが設置されていない現場があります。
その場合は対応するアンテナへの交換とアンテナ再起動スイッチ設置をお願いします。

注意事項1:アンテナ電源やサーバー、音声入出力装置の電源を再起動した場合

本製品はネットワーク製品です。そのため、電源を落としてから再起動すると、正常動作まで1分程度のお時間が掛かります。

注意  電源再起動ボタンをガチャガチャと何度も押さないでください。
(OFF→ON→OFFはアウト、押すのは【 OFFとON 】 の2回のみ)

2回押したら事務所のインカム用スピーカーから
【グループ1が接続されました】と言うアナウンスが流れるまでお待ち下さい。

注意事項2:事務所内の機器の電源再起動に関して(重要)

注意 機器の起動(電源ON)は必ず次の順序で行って下さい。順序が違うと正しく動作しません。

1. SIPサーバー(1台もしくは複数台)複数台の場合はプライマリー → セカンダリーの順序で
2. アンテナ(TBE-AP)
3. 音声入出力装置(電話機型もしくはTBE-SIO)

備品を注文したいです。備品一覧表をWeb上で確認できますか。

こちらのファイルはエンドユーザー様にて購入可能な備品・消耗品一覧です。価格は販売代理店様にお尋ねください。

※イヤホンやバッテリーは修理不可の消耗品です。定期的な交換をお願いします。
※バッテリーは充電回数500回(毎日充電で約1年半)が交換時期です。

交換時期を過ぎると使用可能時間の著しい低下やバッテリーの膨張などの状況を招く恐れがございます。使用期限の順守をお願いします。

備品一覧表の『クリップ』の交換手順のマニュアルはありますか。

交換手順のマニュアルをご用意しております。

コントロールマイクロフォン クリップバネ交換手順.pdf


(1) ピンを外す

精密ドライバ(プラスドライバー)等(直径1.2~1.5mm)でピンを押して、クリップAを外します。

(2) クリップB(本体側)にバネをセットする。

●クリップの溝にバネを入れます。

(3) クリップAを被せる

※実際はバネが外れないよう、クリップAを押さえながら作業をします。

バネがクリップAの溝に入るよう確認

クリップA,Bの凹凸を合わせてください

(4) ピンを差し込む

●ピンを差し込む際、バネのコイル部があたる場合があります。
 その際はバネをずらし調整してください。

●ピンセット、ドライバ等の平らな面で、ピンを差し込んでください。

注意:ピンの挿抜、バネの組込等、作業中のけがに十分ご注意ください。

以上で交換は終了です。

【その他】インカムの技術トラブルに関して問い合わせしたい

施工した販売代理店様へお問い合わせ願います。
但し、販売代理店様の直下で弊社が施工した一部のお客様は下記のフリーダイヤルをご利用頂けます。

0120-065-011(土日対応、祝祭日と年末年始は休業)
対応時間:9-17時

【その他】インカム用の子機やマイクの修理を依頼したい

修理についてのご相談はこちらのページをご確認ください。

備品や商品の追加購入につきましては、製品ご購入時の販売店様にお問い合わせください。ご不明な際はこちらよりお問い合わせください。

▶︎ クリアトークカム 修理の受付案内ページを開く

PAGE TOP