システム構成

システム構成

専用サーバーとWi-Fi環境があれば既存のネットワークを使っての導入も可能です。
10人以下の少人数から100人以上の大人数まで、幅広い人数をカバーできます。

通話カバー範囲
サーバーは20人用と40人用を用意。さらに子機40台用サーバーを最大3台連結することで、最大120人の双方向同時通話が可能
グループ分割
グループは標準で4グループまで分けることができる
※オプションで最大16グループまで追加が可能
別フロア間の通話
アンテナ増設でフロアをまたいだ通話が可能
一斉通話・個別通話両方に対応
クリアトークカムの特徴_コンソールボックスの画像
グループをまたいだ一斉通話や、各子機への個別通話も可能
※コンソールボックス(オプション)使用時
クリアトークカム_SIPサーバースタンダードを用いたシステム構成

システム構成
SIPサーバースタンダード・コンソールボックス・HUB・アンテナ・子機(最大120台)
※子機が20台以下の場合、サーバーは「SIPサーバーコンパクト」の使用になります。


スマートフォンアプリケーション

クリアトークカムの全機能を
スマートフォンでも使用いただけます。

クリアトークカムアプリでは画面上に呼出元を表示、16グループカスタマイズ可能、Bluetooth対応などの機能がお使い頂けます。
スマートフォンアプリケーション 使用例

オプションシステム

LTE接続設定

wi-fiで繋がるクリアトークカムの基本的なシステムにLTE接続の設定を加えることで、駐車場や送迎先など施設内のwi-fiが繋がらない場所からでもグループに参加することが可能になります。
(※LTE接続はオプションとなり、固定IPのインターネット回線が必要です。)

オプションシステム・LTE接続設定



システム拡張の活用例

拡張機能を備えた多彩な応用通信。外部機器との親和性に優れたクリアトークカム。

アシストコール

クリアトークカムと外部機器をつなぎ、多彩な応用通信を実現します。

外部機器が作動した時に設定した音声が流れます。作業員転倒時の状態をセンシングして伝えたり、緊急コールボタンを同時に伝えたりとグループやクリアトークカム以外の外部接点を持つ機器(ボタンやセンサーなど)と連動させることでシステムに組み込むことで安全対策やサービス力向上の可能性を広げます。

セキュリティシステムと連動した”セキュリティインカム”としてもシステム構築可能です。

クリアトークカムを用いたシステム拡張の活用例_アシストコール
入力
アシストコールスイッチ
コールボタンからスタッフに一斉発信をすることが可能
アシストコールインターホン
外部機器が作動したときに設定した音声を流すことが可能
アシストコールセキュリティ用センサー
センサーとの連動でアラームを発信することが可能
アシストコール
アシストコール
出力
アシストコール

ナースコール連動の取組み

 従来のPHSによるナースコールへの対応をインカム音声通知へ変え、通知があった際、対応できるスタッフ同士で会話を行って、ケアスピードと対応の質向上を目指していただく業界初の取り組みです。
 また、PHSに代わりスマートフォンが台頭してきておりますが、立ち止まる・誤操作・操作の煩わしさを緩和し、端末をポケットから取り出して確認することなくスピーディーに対応することが可能になります。

メリット1.グループ通話による生産性向上と精神的負担の軽減の両立

⇒『誰が行けるのか・どう対応するのか・どのような状態なのか』をすぐに共有でき、ヘルプ・指示出しを含めて様々な負担を軽減し、ケア能力の向上を図ることが可能です。
また、PHSなどでは順次鳴動の運用となり、どうしても初動が遅くなりがちですが、グループ全員に一斉通知することで、初動を早めることが可能です。

メリット2.無駄な機能を排除し、扱いやすく・分かりやすくを実現

⇒端末を取り出して確認をする必要が無いため、慌てる必要がありません。また、スマートフォンは良くも悪くも色々なことが出来てしまうため、複雑なAPP操作を覚えなくてはならず、操作自体も立ち止まらなくてはなりませんが、そのような煩わしさから解放されます。

メリット3.導入コスト削減

⇒施設規模にもよりますが、PHSと比較すると通信用アンテナ敷設数が少数になる傾向にあるため、投資コストを抑えて運営に入ることが可能になります。また、クリアトークカムのシステム自体、医療機器に与える影響が少ないため、安心してご使用いただけます。

ナースコール

アイホン製ナースコール「Vi-nurse」


音声通知サンプル

[ 呼出発生時 ]
(再生されない場合はこちら)


音声通知サンプル

[ 復旧時 ]
(再生されない場合はこちら)

▼使用イメージ図

ナースコールとインカムのシステム連携

※本システムには、株式会社エーアイ製 音声合成ソフトウェアが使用されております。

▼システム構成図

ナースコール連動システム システム構成図

カウンターワイヤレス

手元のボタンの切り替えでスピーカーにも音声を流せます。
カウンターワイアレス

音声入出力ユニット (TBE-SIO)

TBE-SIOにインカムのグループを設定し、グループの会話をスピーカーに出力したり、マイクからグループに対して通話を行うことができます。
また、外部音声やBGMをインカムグループやスピーカーに送ること、AUX端子を持つ外部機器に送ることなども可能です。

音声入出力ユニット

※グループは単独グループのみ選択可能。複数グループの選択はできません。


音声入出力ユニット
4入力、3出力

4入力・・・MIC IN×2、LINE IN×2
 ※カスケード入力はLINE INを使用
 ※カスケード出力は4つのをスルー出力
3出力・・・LINE OUT×2、カスケード出力×1

PAGE TOP