基本的な操作方法

WFDI-TC3(液晶付き子機)操作説明


本体の取扱

本体の起動

本体を起動する際は、本体上部の白いスイッチをバックライトが点灯するまで長押しします。

本体の終了

本体を停止する際は、本体上部の白いスイッチを約5秒間長押しします。

本体の充電

WFDI-TC3対応充電器と接続したUSBケーブルのTYPE-Cコネクタを、トランシーバー本体底面の充電端子にカチリと音が鳴るまで差し込みます。
充電中を示す赤いランプが点灯いたしますので、そのままお待ちください。

赤ランプが消えると子機が完全に充電された状態です。


本体 各部位の図解と解説

Slide
Slide
Slide
previous arrow
next arrow

本体の操作を行う

通話機能を使う

液晶右上に「PTT(会話中)」の文字が表示されている時に音声通話をすることができます。

① [TALK]ボタンをプッシュすることでPTTが点灯し、会話が開始されます。
(通話機能がONのとき、ピッピッと音がなりPTTの文字が表示され、通話機能がOFFの時、液晶画面からPTTの文字が消えます)

② PTTが表示されているときにもう一度会話ボタンを押すと会話を終了できます。

(コントロールマイク WFDI-CM3・WFDI-CM3Sなどの専用イヤホンに付いたPTTボタンは、ボタンの長押し中だけ通話状態になります)
イヤフォン音量の調整・変更

ホーム画面で[VOL]ボタンを押すと、イヤフォンから受信する音量のボリューム調整画面に移ります。
([VOL]ボタンは出荷時設定で「十字キーの上方向キー」に割り当てられています)

ボリューム調整画面で
十字キーの上を押すと「受話音量UP」
十字キーの下を押すと「受話音量DOWN」

ボリュームはレベル0(最小)〜レベル7(最大)まで調整が可能です。
(ボリュームを0に設定すると受信音量はミュートになります)

会話グループの選択

会話グループの選択と切り替えは、本体下段 ① ② ③ ④ の数字キーを選択して行います。
グループの切り替え時にはイヤホンから「グループXXが選択されました」の音声が流れます。

グループ未拡張時の操作
切り替えボタン選択可能グループ
1ボタングループ1
2ボタングループ2
3ボタングループ3
4ボタングループ4

グループ拡張時の操作

[GPAG]機能を使用したグループ拡張時の操作
グループページ切り替えボタン選択可能グループ
Page11~4ボタングループ1~4
Page21~4ボタングループ5~8
Page31~4ボタングループ9~12
Page41~4ボタングループ13~16

クリアトークカムWFDI-TC3では[GPAG]ボタンを使用したページ切り替えで、上限16グループまでの拡張とその切り替えが可能です。

キーロックの手順

子機本体 十字キーの中心にある決定ボタンを長押しすると、
液晶画面に「KEY ROCK」の文字が表示され、ボタン操作無効のキーロックモードに移ります。
(キーロック中でも、マイク側のPTTボタンは有効です)

キーロックを解除する際はもう一度、決定ボタンの長押しを行ってください。


子機設定メニューの操作

十字キー右「MENU」ボタンを押すと、子機の設定操作が可能となります。

設定できる機能は下記の4項目です。

  1. Assign(トランシーバー子機本体ボタンの機能割り当て変更)
  2. Version(ファームウェアのバージョン確認)
  3. MicVolume(マイク入力音量の調整)
  4. BT paring(ブルートゥース端末とのペアリング)

十字キーの上下でメニュー項目1〜4の移動と選択、中心ボタンでメニューの決定、左キーでキャンセルが行えます。



メニュー1:Assign(割り当て機能の設定)

Assign機能は、トランシーバーのボタンの
アサイン(割り当て)を変更することができます。

※PT1とPT2キーについては将来拡張用のため「NONE」を設定してください。

ボタン種別選択できる機能出荷時設定
UP  (十字キー:うえ)NONE,PIC,GPAG,VOL,TALK,VOL
DOWN  (十字キー:した)NONE,PIC,GPAG,VOL,TALK,NONE
LEFT  (十字キー:ひだり)NONE,PIC,GPAG,VOL,TALK,NONE
F1NONE,PIC,GPAG,VOL,TALK,TALK
F2NONE,PIC,GPAG,VOL,TALK,GPAG
F3NONE,PIC,GPAG,VOL,TALK,PIC
PT1  (※将来拡張用)NONE,PIC,GPAG,VOL,TALK,NONE
PT2  (※将来拡張用)NONE,PIC,GPAG,VOL,TALK,NONE
メニュー2:Version(バージョン確認)

Version機能は、トランシーバーの現在のファームウェアのバージョンを確認することができます。

メニュー3:Mic Volume(マイク入力音量の調整)

MIC Volume機能は、トランシーバーの現在のMicの入力ゲインの調整を行います。

マイク入力音量の調整画面で
十字キーの上を押すと「マイク入力音量UP」
十字キーの下を押すと「マイク入力音量DOWN」

メニュー4:Bluetooth機器のペアリング

BT Pairing機能は、ブルートゥース子機とのペアリングを行うときに使用します。


WFDI-TC2(液晶なし子機)

クリアトークカムWFDI-TC2(液晶なし・縦長子機)の操作マニュアルです。

液晶なし子機(TC2) 簡易取扱説明書 [PDF]
PAGE TOP